安全への取り組み

弊社は創業以来の『無事故無災害』を誇りに、現場での様々な危険を未然に防止するため、社員全員参加のもと貪欲に安全活動に取り組んでいます。 「安全は何においても最優先」を基本に、工事を安全無事故で施工するため、日頃より様々な安全活動に取り組んでいます。 工事着工前の打ち合わせによる指示・徹底事項、最近の災害事例を活用した安全意識の向上や、工事現場でも作業員全員のコミュニケーションを大切にし、安全管理を行っています。 また、定期的に安全パトロールを実施し、社員の評価チェックを行うなど、『無事故無災害』の継続へ向けた行動面の向上も進めています。

【安全工程会議】

同じ目線で安全への意識を共有するため、毎週月曜日、社員全員参加により各現場の安全状況、災害速報の周知徹底や防止策を話し合っています。

【安全パトロール】

各現場でのTBM-RKYの実施状況をはじめ、安全管理・重機作業管理・火気管理・環境対策をポイントに30を超えるチェック項目を行い、安全面の更なる改善や人材の育成につなげるフィードバックを行っています。

【安全衛生協議会・安全大会】

安全への取り組みは弊社のみでは成りゆきません。協力会社様をはじめとした様々な作業従事者全員の共通した安全意識、コミュニケーションを高めるため、2ヵ月に一度、安全衛生協議会を、また1年に一度、安全活動の総決算として元請会社様を交え、安全大会を開催しております。

【その他】

風通しの良い職場・現場作りは、安全への重要な礎となることから、ゴルフコンペや懇親会を定期的に開催し、職場以外での連帯感を醸成しております。
photo_140220_02
photo_140220_01
※写真は第35回安全大会及び懇親会の様子です。

安全表彰一覧

『無事故無災害』への取り組みを地道に行ってまいりました結果、お客様より多くの表彰や感謝状を頂戴致しております。これを励みとし、『安全第一』への意識をさらに高く持ち、安全に向けた飽くなき努力を続けてまいる所存です。

詳細はこちら