耐震等を目的として行われる基礎の補強工事です。 一般的には、既存のコンクリート基礎を穿孔したあと、アンカーなどの補強用部材を埋め込み、薬液注入などで接合させます。